CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< オールド・ボーイ | main | いま、会いにゆきます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
博士の愛した数式
博士の愛した数式
博士の愛した数式
小川 洋子

私は冷血人間でしょうか。
あれだけ周囲の人から「感動するよ!」と言われたにも関わらず、多少心が揺り動かされることはあっても泣くまでは至りませんでした。
そして、感動というよりも、個人的には驚きの方が強かったです。
数学は余りすきとはいえないのですが、この物語を読んで改めて考えさせられるものがありました。
確かにきっちりと一つの答えが出ているものは美しいです。綺麗です。潔いです。
博士自身の性格も、頑固というより数学のように潔い高潔な人でした。
だからこそか、時折見せる博士の悲哀が心に染みます。
自分に訪れた幸せも不幸も、等しく失ってしまうというのは悲しいことです。
博士をくるみこんでいるのは記憶からの絶対的な孤独なのかもしれません。
それなのに博士は人々に無条件の愛を注ぐ。
数学の美麗さを称え続ける。
高潔な数学は高潔な博士そのものではないかとすら思いました。

数学を此処まで活かし切った本書は確かに秀作です。
ごちゃごちゃした世界に疲れた方は、本書を読んでのんびりした気持ちになるのも良いかもしれません。
私ももう一度確りと読み直してみようかと思います。
| novel | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nigo.jugem.cc/trackback/48
トラックバック