CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< コラテラル | main | レディ・ジョーカー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
グラスホッパー
グラスホッパー
グラスホッパー
伊坂 幸太郎

さすが伊坂幸太郎さん、物語をぐいぐい先へ先へと読ませる引力は健在。
この物語は3人の男(鈴木と鯨と蝉)の視点で進められるのだけれども、3人の男の視線がいつ交わるのか気になってページを捲る手が止まらなかった。
唯「出会ってからの3人での展開」を期待していた私には少々肩透かしを食らった気分。
物語と登場人物を絡めるだけでなく、登場人物らももっと積極的に絡めて欲しかった。他の作品に比べて、少し登場人物や、特に脇役を投げ捨てにしている感がある。
作品の後味も今までの伊坂さんの作品と比べれば一段に悪い。
初めからある程度予測できていたのだけれども、魅力的な登場人物が次々と死んでいく展開に手が止まりそうになる。悪人は救えない、生かせられない、とでも言われているよう。
伊坂幸太郎作品の爽快感を期待している人には余りお薦めできない作品。
それでも、私も「アヒルと鴨のコインロッカー」や「重力ピエロ」の方がすきだと思いながらも、この重くもなく軽くもない殺し屋の話を楽しんで読んでしまったのだから、何だかんだ言いながらもこの作品を面白いと思っているんだろうなあ。

伊坂幸太郎さんの物語で私が一番面白いと思うのは、それぞれの登場人物が持つ独特の哲学です。
例えば蝉はしじみで哲学?を説くんですが、その思想がとても独創的で面白いし、読んでいて考えさせられる事がありました。
そして私の一番のお気に入りは有無を言わさず蝉です。自己中心的でやる事も考える事も無鉄砲で何処か勘違い気味、幼稚さが抜けていない青年。その幼稚さが鬱陶しさと紙一重に愛らしい。蝉のようなキャラクターに出会ってしまうと、矢張り伊坂幸太郎さんの手腕は素晴らしいなあと実感してしまう。

「グラスホッパー」=「バッタ」


 押し屋という職業の男が出てきます。地下鉄の線路や交差点の車道に、相手を突き飛ばして、殺害するのが仕事です。鯨、と呼ばれる男がいます。相手を自殺させるのを仕事にしています。蝉という若者も登場します。彼は、ナイフを使い、依頼された相手を殺すのです。さらに鈴木という名前の男も出てきますが、彼は殺し屋ではありません。訳があって、この殺し屋たちの戦いに巻き込まれてしまいますが、彼の武器は、今は亡き妻との思い出だけだったりします。
 いつもの僕の小説に比べると物騒な感じのお話になりました。
 喜劇なのか悲劇なのか、オフビートなのかサスペンスなのか、ハードボイルドやアクション小説とも、ミステリーとも普通小説とも言いづらい、不思議な小説になったと思うのですが、読んだ方が面白がってくださることを今は祈るばかりです。(著者からのコメント)
| novel | 22:05 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - |
コメント
こんばんは、お久しぶりです。TBどうもありがとうございました。伊坂氏の作品は最近では「陽気なギャングが地球を回す」を読んだのですが、相変わらず面白かったです。伊坂氏の作品は登場人物がそれぞれ深くいろいろなことを考え、自分の思いがあり、その上で彼らが物語を動かしているので楽しく読めます。ただ今回、この「グラスホッパー」は順番に死んでいくことが筋書きにあったのか、少しだけ私は今までの伊坂氏の作品より違和感を感じてしまいました。時間をおいて読み直すと、新しい発見があるかもしれませんね。これからも伊坂氏の作品は読み続けていきたいと思っています。
それでは。
| R | 2004/12/13 9:45 PM |
こんばんは、此方こそTBありがとうございました。小躍りを通り越して、脳内で浅草サンバカーニバルが繰り広げられました。露出度高いドレスで踊り狂ってます。
「陽気なギャングが地球を回す」は以前読んだのですが、途中で他の本になびきつつ、飛び飛びに読んだので余り内容が脳味噌に浸透しなかった感があります。ので、もう一度読み直したく思っています。それでも、久遠がとても愛らしいと思ったことだけはやけに記憶にはっきりと残っております(ォイ)「チルドレン」では「陽気なギャング」たちが少しだけ話に出ていましたよね。伊坂幸太郎さんはファンサービスが上手いなと痛感しつつ、にやにやしました。
「グラスホッパー」は殺人者たちの話という少々現実味のないものでしたが、物語自体はとても読みやすく、すんなりと受け入れれるものだったと思います。唯、以前書きましたように、矢張り私は人物と人物を絡めて欲しかったです(死)鯨の●に際も、第三者の目から語られるものしか描写されてませんでしたので、是非鯨の目線からの●に際を描いて欲しかった気がします。彼が何を考えて●んでいったのかを知りたかったです。ですが、Rさんの感想を見まして、もう一度読みたいなあといううずうず感に駆られてきました。時間に余裕ができましたら、もう一度是非とも拝読させていただきます。
コメントありがとうございました。冷える時期ですが、風邪などめされないようお気をつけ下さい(*´∀`*)
| ng | 2004/12/19 9:43 PM |
 こんばんは。もうすぐこの一年も終わりますね。今年読んだ作品では、伊坂氏の本が本当に印象強く残っています。
 「陽気なギャング」、久遠くんがお好きなんですね。私の周りでも久遠くんが好きという方が多くて。私は成瀬さんが一番好きだったので肩身の狭い思いをしています。
 「陽気なギャング」を最初に読んで思い出したのは「チルドレン」でした。伊坂氏の話は、それぞれリンクしている部分があるのでそれを探すのも楽しいですよね。あれだけ読者を考えて書ける作家というのは貴重だと思います。
 「グラスホッパー」を読んで、ngさんが仰るように登場人物を絡めて欲しかったというのは私も少しありました。次々に人が死んでいく、そのシーンが軽いと感じたのですが、書き込みが足りないのかもしれないし、言葉に頼りすぎたのかもしれないですね。ngさんが仰るシーンも伊坂氏が鯨の視点で書かれていたら、また違う見方もできたと思います。それを書いてしまうべきか読者に委ねるべきかは難しいところですね。私が軽いと感じただけで、殺伐とせずリズムよく物語を進めて終わらせられるという点では、そういうところを深く書かない一つの技なのかも、とも思います。
 私もまた時間を見つけてこの作品を読みたいと思います。新しい発見があるといいですね。
 ngさんも、忙しい年末、お身体壊されないようご自愛ください。失礼します。
| R | 2004/12/26 1:06 AM |
こんばんは。私も今年読んだ作品の中で一番伊坂幸太郎さんの本が印象に残っています。むしろ、今年一番のHIT作家さんが伊坂幸太郎さんと言っても良いです。私が読んだ作品の中でランキングを付けるとすると、伊坂幸太郎さんの作品が上位3位ぐらいを席巻する気がします。
久遠くんもすきですが、成瀬さんもかなりすきです。成瀬さんの息子さん(名前を失念してしまったのですが)が、とても印象に残って、もしかしたら久遠くんを凌ぐ勢いですきかもしれません(前言撤回)成瀬さんの息子さんは物語には殆ど絡んでいなかったのですが、その稀有な存在感にとても惹かれました。
私は「陽気なギャング」を先に読んでいましたので、後ほど「チルドレン」を読んでニヤリとした口です。伊坂幸太郎さんはファンサービスが多くて、毎回違う作品を読む度に顔がにやけてしまいます。
井坂幸太郎さんの文体は重いテーマでも軽いテンポで読めるので毎回感心ばかりしているのですが、「グラスホッパー」という殺人者たちの物語までのテンポ良く読ませる手腕には脱帽しました。私はあのシーンを是非鯨の視点で書いて欲しかったのですが、あのシーンが無かったからこそ「グラスホッパー」のテンポの良さが保てたのかもしれませんね。Rさんの言う通り、伊坂幸太郎さんも読者の想像に委ねるつもりで、そのシーンを鯨の視点から書かなかったのかもしれません。確かに主要人物の一人である鯨の感情があえて書かれませんでしたら、読者は考えずにいられないかと思えます。
御意見ありがとうございました。Rさんの意見を聞きまして、新たな視点から「グラスホッパー」を再読できそうです。ありがとうございます。御仕事大変でしょうが、御身体に壊さないように頑張って下さい。それでは、失礼します。
| ng | 2004/12/29 3:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nigo.jugem.cc/trackback/36
トラックバック
「君が何と答えるのか、興味があった。まさか、ブライアン・ジョーンズとはな」
グラスホッパー 伊坂 幸太郎 10/14 読了。  少しだけ久しぶりに伊坂幸太郎氏の本を。昨夜、読みきろうと思ったんですが眠くて無理でした。結局二回に分けて読むことにしたんですけれども、終盤まで寝る前に読んでしまい、仕事中は続きが気になって仕方なく。
| luv2 | 2004/12/13 8:38 PM |
子供の頃大好きだった○○○○○。グラスホッパー物語。
こんばんは~みなさん子供の歌番組なんて、最近見ますか~? わたしは子供が小さいこともありよく見るんですが、NHKで おじいさんのグラスホッパーっていう唄をみどり色のバッタの着ぐるみを着た おじいさんがタップで踊りながら唄ってたんですね~。 若い頃にした
| 自分もhappy みんなでhappy! | 2006/03/01 1:02 AM |