CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 灼熱アバンチュール | main | 春の雪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
溺れるナイフ
溺れるナイフ 1 (1)
溺れるナイフ 1 (1)
ジョージ朝倉

出版社 / 著者からの内容紹介
小6の夏芽が越してきたのは、東京とあまりに違う田舎の町。そこで出会った1人の少年に、夏芽は自分の中の「何か」が、大きくうねるのを感じて…。せめぎあい、追い上げ、追い込んでいく、破裂寸前の十代のこころを描いたジョージ朝倉の最新作!


コウの存在が強過ぎる。
他者を片っ端から排除するような傲岸さ、静と動が内側で躍動する身体、強烈な存在感、コウは鮮烈過ぎる。
生まれた時から王様の冠をかぶった少年だ。
痛々しいぐらい目が逸らせない。

コウに追い着きたいと切願する夏芽の姿も印象的。
印象的というよりも共感?
コウという存在に、じりじりと焦燥感に駆られていく少女に同調してしまった。

でも、コウも遠いけど夏芽も十分遠い。
追い駆けたい、追い着きたい、だけど届かない。
| comic | 00:23 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - |
コメント
溺れるナイフ、すっごく大好きです!!!
コウに恋しています!!夏芽に共感してます!!
このマンガゎ、何かもの凄く惹かれます。何度も読み返しています。コウの考えていることゎ、全く分かりません。
そこがおもしろい!!
言葉に出来ないくらいおもしろいです!!
| アッコ | 2005/11/12 8:37 PM |
今、私が大好きなコミックは「溺れるナイフ」です。
今までに読んだことの無い、衝撃を受けたコミックです。ジョージ朝倉さんの書いたストーリーは迫力があり、読んだ人を引きつける何かがあると思います。主人公の夏芽のコウちゃんへの想い。その想いはただ「好き」という気持ちだけでは無く、もっともっと深い、説明できない何かを伝えようとしていて、読んでいるこっちにも緊張が伝わってきます。
| miki | 2008/01/24 12:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nigo.jugem.cc/trackback/132
トラックバック
溺れるナイフ ジョージ朝倉様々(;´з`)y-=зз
ついに購入ジョージ朝倉最新作!溺れるナイフ!ケチクサイかなにしてゎ珍しい三冊一気に大人買い!1200円もつかっちゃったょ〜(〃*`Д´)うまいぼう何本かえんだょ〜!ャバイょャバイょ〜!さてさて規模の小さい金額で騒ぎまくってる自分ゎさておき(でも1200円ゎ大きい
| ぉひさまにっき | 2006/07/16 9:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/23 4:08 PM |