CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ロボッツ(吹替版) | main | THE JUON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
妖怪大戦争


今年10歳になるタダシは、両親の離婚により母と鳥取にやってきた。しかし最近ボケ気味の祖父には翻弄され、クラスメートにもなじめていない。そんなある日、夏祭りで「世界に平和をもたらす正義の味方」麒麟送子に選ばれたタダシは、なんと妖怪の姿が見えるようになってしまう。同じころ、人間に深い恨みを持つ魔人・加藤保憲は、捕獲してきた日本古来の妖怪と怨霊を混ぜ合わせ、新種の悪霊“機怪”を作り出し、世界壊滅を目論んでいた…。


※強烈ネタバレ&暴言注意










世界を救ったのは主人公でも妖怪でもなくたった一粒の小豆だった。

な、なんじゃそりゃー!!(ちゃぶ台ひっくり返し)
初めからB級映画ネタ映画として観に行くつもり満々だったけれども、ここまでやってくれると、もう唖然とするしかない。
いや、それなりに楽しかったですよ?
所々の笑いネタもそれなりに笑えましたし、それにスネコスリが死に掛けてる所なんて笑い堪えるの大変でしたよ?(むしろ何で死ななかったのか不思議。涙で元の姿に戻るとか、そういう奇跡嫌い/ェ)
でも、何アレって気持ちの方が多く残りました。
あからさまに

「妖怪だいすきな人達が好き勝手に創った映画」
「大きい友達に媚び売ってる映画」
「スポンサーに媚び売ってる映画」

な雰囲気がプンプン漂います。

製作者さん達はすごいんですよ。
宮部みゆき、大沢在昌、京極夏彦、荒俣宏と、妖怪の巨匠揃いです。
そして、その人たちは思う存分妖怪を出しまくってくれました。
最後の大海原のような妖怪達の群れはCGにしてもすごいですし、ユーモラスな妖怪達の姿は素直に好感を抱かせてくれました。
悪妖怪と善妖怪の区別がハッキリしているのはどうかなーとも思いましたし、妖怪と機械を一体化して悪をうやむやにしたことに多少の違和感を抱いてしまいましたが、これは子供向け映画のため仕方ない事だと諦めます(偉そうに)
そして、製作者さんたちの妖怪達への愛は、もう口から砂糖吐きそうなぐらいよく解りました。
この愛は「妖怪大戦争」という映画にとってプラスになったと思いますが、観終わった後に軽い胃もたれを覚えます。

続いて「大きい友達に媚び売ってる映画」という事に関して。
それは、女の露出の無駄な多さ。
アギのパンツ丸見えなミニスカート、絶妙なアングルでチラリと見える胸の谷間。
川姫の超綺麗な太腿、少年の手に撫でられる滑らかな濡れた皮膚。
休日中のお父さんに媚び売ってんじゃねぇ。

更に、主役である神木隆之介きゅん(←あ)
御前はショタコン狙いか? それともペドフィリア狙いか?(暴言暴言!)
明らかにアブノーマルな方々を狙った人選です。
軽いショタな私は途中で「'`ァ'`ァ 」と息を荒げそうになってどうしようかと(黙れ)
こんなに人様を萌えさせて、御前は一体将来何になりたいんだ。
物語的な主人公としてはいつも「わーわー」喚くだけでほぼ役立たず。
そういう方向けに用意した主人公としか思えませんでした。まる。

そして、「スポンサーに媚び売ってる映画」という事に関して。
絶対、これのスポンサー、KIRINだろう(低音)


出演者は良かったですよ?
99の岡村も、雨上がり決死隊の宮迫も(え、あと一人は?)、川太郎役の人も(名前失念)本当に演技も存在感も二重丸でした。

しかし、全体的に意味不明な映像が多く、最後の終り方も意味不明だった。
アレって、大人になったら妖怪が見えなくなってしまう、そして人の悪意には底がないからまた加藤が生まれちゃうってこと?
バッドエンドじゃん。

私のように細かくうだうだ言わない心の大らかな人、妖怪がすきな人、女の子の尻と太腿を見たい人ショタペドの気がある人は観に行って下さい。


追記:
映画後に原作をちらちらと立ち読みしてきました。
全然内容ちゃうやん。
最後飛び込むの加藤と小豆じゃないし、真っ白な嘘っていうのも違う。
どうなってんだー(;´Д`)
| movie | 13:42 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nigo.jugem.cc/trackback/124
トラックバック
妖怪大戦争
 かつてはアントニオ猪木も務めたといわれる麒麟送子。彼はブラジルに移住していたこともあるので、小豆パワーではなくてコーヒー豆パワーによって強くなったのかもしれない…  舞台は水木しげるの生地鳥取。ゲゲゲの鬼太郎や多くの妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ水木し
| ネタバレ映画館 | 2005/08/25 3:24 PM |
妖怪大戦争
ワクワクする思いに満ちた愛と平和の冒険ドラマ!
| Akira's VOICE | 2005/08/25 4:25 PM |
妖怪大戦争
昨日、「マダガスカル」の感想を書いたときに、「メンズデーが無いじゃん!謝罪と賠償!」と、9月でもまだ暑い中、松岡修三並に無駄にアツくなってしまいましたが、皆様の情報によると、他のシネコンでもやってるところがあるみたいですね。教えて頂き、ありがとうござ
| 欧風 | 2005/09/07 7:28 PM |
妖怪大戦争
感想あげるのだいぶ遅くなりましたが、 公開終了前日(ギリギリ)に観に行ってきました! 「妖怪大戦争」2005年公開・邦画 監督/三池崇史 脚本/三池崇史、沢村光彦、板倉剛彦 出演/神木隆之介、宮迫博之、菅原文太、高橋真唯、阿部サダヲ、栗山千明 他 *
| きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ | 2005/09/13 11:17 PM |
妖怪大戦争
私がこの映画に求めていたものは「単純に笑える」、それだけだった。 私の敗因は「少年と一緒に妖怪の住む山の森の中に引き込まれなかった」ことだろう。 「亡国のイージス」は、私には面白かった。 原作を読んでいなかったので登場人物もストーリーの概要もわからない
| KINGDOM OF KATHARINE | 2005/09/16 11:01 PM |
妖怪大戦争
 エキストラとして妖怪その1の役で私自身も出演した映画。これは是非とも見に行かねばなるまい。親子で見るのを楽しみにしていたが、2005年8月、息子が行きたくないと言うので一人で鑑賞。あーあ、また下らない邦画を見てしまった、というのが率直な感想。  せっ
| 博士の何でもレビュー | 2005/10/02 11:15 PM |
妖怪大戦争 06年27本目
妖怪大戦争 日本の妖怪関係総出、総力を挙げた映画!ですか?!妖怪大戦争 と言えば、あの着ぐるみ、さくや妖怪伝 でも、使ってなかった?? 神木隆之介  クン、上手いわねぇ。子役のうちに、ダコタちゃん と、競演してください! 見所は、、、なんなんでしょ?
| 猫姫じゃ | 2006/02/17 5:03 PM |
妖怪大戦争
2005年 三池崇史監督 「妖怪大戦争」(★★★☆☆) テレビで見ました。 水木しげるが関わってるのねー! 鬼太郎の銅像が出てくるしw いじめられッ子が、お祭りで麒麟に噛まれたことから、 しきたりで、大天狗の山へ伝説の剣を取りに行くって、 なん
| 新・ぴゅあの部屋 | 2006/08/21 9:50 AM |
映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★
>映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ 一番恐ろしかったのが、 神木隆之介さんの演技力Σ( ̄□ ̄;) その若さで、ぐんを抜いていたよΣ( ̄□ ̄;) 内容的にもエンターテインメント映画でしたねー。 ところどころ、三池
| AI-z「出田直正(nao)の一日。」 | 2006/08/25 10:54 AM |