CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
灼熱アバンチュール
灼熱アバンチュール 1 (1)
灼熱アバンチュール 1 (1)
有間 しのぶ

出版社 / 著者からの内容紹介
トラウマを抱えた朔夜、会社員の陽、医者の和高。交錯する3人の想いは…。せつなさフルボリュームでお贈りする全ページ描きおろしボーイズラブコミックス第1巻。


上手いか下手かで言えば、絵は最高に下手。
はっきり言って、私は今だかつてこの漫画ほど絵がずさんな漫画を見た事がない。
むしろ、ずさんというよりも、ほぼ中学生とか高校生が書く絵に近いと言った方がいいかもしれない。
人間に躍動感がない。コマ割時々最高に下手。なによりも小物への愛情が感じられない!
読んでいる時も、明らかに漫画家とは思えないその絵に萎えることしばしば。

だけど、ストーリーは読ませてくれる。
まだ出版されてるのはこの1巻のみだけれども、2巻に続く土台、起承転結で言えば、「起」の部分をこの1巻目できっちりと作っているのが解る。
絵の下手さを補うだけの惹き付ける要素がストーリーにはある。
と思ったんだけども、ツボにはまらない人にとっては絵が下手なだけの漫画に成り下がるかもしれない。
ストーリーも目新しいものかと言えば、そうではなくて、何処にでもある日常と恋愛をちょっとセンショナブルに描いているだけで、―――うーん、でもツボに来た人にとっては何だか面白く感じてしまう。
例えて言うなら、ツボにはまるかツボにはまらないかはお楽しみなビックリ箱的な漫画。
私はツボに来てしまったので、2巻も買ってしまうんだろうなあ。

それでも、1巻を読み終わった後には続刊の期待もさせてくれた。
今、とりあえず1巻では、現インポな陽(攻)と昔陽にレイプされた咲哉が何とか御互いの気持ちを通じ合わせたところだけれども、これからその2人に、陽の現恋人である和高がどう絡んでくるのか非常に気になる。
1巻の後半では陽と和高とのなれそめが書かれているところなど、和高が単なる2人の仲を邪魔する恋敵みたいに描かれていない所も好印象だった。
和高には和高の人生が、魅力が、関係が、ちゃんと描かれてる。
3人が3人とも普通の人間として普通の人生を生かされていて、その3人が運命のイタズラか、もしくは偶然といったやつで三角関係になるという構図が何だかとても良い。

絵は期待しないけれども、ストーリーは今後期待。
書き下ろしらしいので続刊もすぐに出るような気もするんだけど…。
| bl comic | 00:13 | comments(0) | trackbacks(91) |
SEX PISTOLS 3
SEX PISTOLS 3 (3) スーパー ビーボーイコミックス
SEX PISTOLS 3 (3) スーパー ビーボーイコミックス
寿 たらこ

ノリ夫は斑類として一人前になるため、夏休みを国政の実家で過ごすことになった。あれ、彼氏の家族に会うって、恋愛のおっきなステップ? ドキドキ! しかし国政の弟(超ブラコン!)や母親(極妻か!?)にいぢめられ…、花嫁修業はとてつもない苦行。その上、国政とはすれ違い…。ハブとマングースの切なすぎる読み切りも大収録!!


読み切りで出てきた「ハブ×マングース」、えげつない(身も蓋もない)
二巻で男同士で孕む方法というのが出てきたけれども、こんな風にえげつない方法で使われる事もあるんだなと思った。
出来ちゃった結婚に近いと言おうか、殆ど男が無理矢理女を手に入れるために既成事実を作るのと同じだよね。
つまりは卑怯かつ下劣。

始めはカップリング微妙だなと思って読んでいたけれども、ラストのあの非道さで一気に眼が覚めた。
大将は最低な外道だけど、それでも魅力的に見えるのは、シマのことを締め殺したいぐらい愛しているというのが伝わって来るからかな。
その愛情は歪んだ方向に進んでいるけれども。
周到に執拗に人生を絡め取られていく事も気付かないシマは、そのまま大将をすきなまま生きていくんだろうな。
気付いた時どうなるんだろうとは思うんだけど、その時には「腹の中」なんですよね。


一巻で国政×ノリ夫カップルは完全にラヴラヴになったかと思いきや、全然御互いの気持ちが理解し合えていない一方通行状態だったのね。
一巻ではギャグに徹していたカップルが、三巻になると一気にシリアスな雰囲気へと変わってしまう。そういう落差がまず胸にガツンと来た。
国政と米国は本質的には似た兄弟なんだろうな。
自分の気持ちに疎くて、相手の気持ちにも疎い。
此処までは「米国×委員長」カップルと同じようなノリで進んで行くけれども、そこからが微妙に違う。
相手をないがしろにして相手に「もういい」と見放された瞬間、米国は自分の本当の気持ちに気付いたけれども、国政は気付かなかった。
だから、余計にノリ夫が追い詰められる。
追い詰められていくノリ夫の姿は酷く切なかった。
もう三巻後半辺りからは号泣しっぱなしです、私(御前かよ)
自分の気持ちを自覚せず、駄々っ子のように赤ん坊だけを欲しがる国政に「国政にオレの子供をあげるよ。(中略)国政の子供を産んだ後は…――オレのことを本当に想ってくれる人のものに オレはなりにいくよ」と言うノリ夫。
殺し文句です(黙れ)
台詞と台詞の間に入る無意識の内に焦燥感に駆られた国政の表情が、場面やノリ夫の台詞による切なさを煽る。
寿たらこさんは人物の表情を感情になぞらえて描くのが上手い方だな。

ただ英国が当て馬としてすこし弱かった感があった。
もっと強引にぐいぐいとノリ夫を惹き付けて欲しい。
後、愛美は嫌いでした★(待て)('A`)
四巻を読んだら、その印象が覆ることを期待。
| bl comic | 22:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
SEX PISTOLS 2
SEX PISTOLS 2 (2)
SEX PISTOLS 2 (2)

最近読書時間の大半が睡眠時間に還元されているエムです。
コメント返答遅れて申し訳ございません。


そして、ようやく購入致しました「SEX PISTOLS 2」。
読んで、さっそく後悔。
何でもっと早く買わなかったんだろう…!

前作から気になっていた「米国×委員長」。
米国にベタボレだったはずの委員長が「もう(好きなのを)やめたから」と身を引いた途端に恐慌状態に陥る米国というのは、とても宜しいかと思います(*´д`*)ハァハァ
すきなだけなのに、まるで罪でも犯したかのように米国から嫌われるのはしんどいよね。
しんどさから逃れるように、身を引こうとしても仕方ないと思います。
そうして、途端委員長をないがしろにしていた米国が目の色変えて委員長を束縛し始めるのも良い。
男嫌いを自負している米国へのしっぺ返しのようで爽快。
ハッハー、ざまあみさらせ米国(性格悪い)
でも、最後は二人とも結局本能に素直になれたようで良かった。

蛇足:
・個人的に一番色っぽいと思ったのは風呂場で「発情期じゃあるまいし」と一人熱に悶えている米国の姿。
・白髪の美しい委員長より、黒髪の地味っぽい委員長の方がすき。地味な奴がベッドシーンになると途端に色気を出し始めるのが萌え(黙れ)
・へたれ王将はもしかして三巻に出てくる大将の弟か何かでしょうか…?


そして、「米国×委員長」は納まるところに恙無く納まったようで、もちろん良かったのですが、それ以上に私の萌え魂を刺激したのは「ヨシュア×熊樫先輩」です!
一巻では、単なる当て馬か脇役としか思わなかったあの熊樫先輩が此処まで可愛くなるとは思わなかった。
ネコ役というのにも大笑い。
いや、やっぱり熊樫先輩はタチよりもネコですよね。

机の上に熊樫先輩を押し倒しているヨシュア図、体格マッスルなお二方だと言うのに、激しく色っぽいです。
あのどっしりとした重量感がいっそ堪りません。
小さい子を捻じ伏せるというのにロリショタは萌えるのかもしれませんが、私はどちらかと言えば体格が似たり寄ったりなゴツイのが相手を無理矢理押さえつけるのがすき(へんたいー)
精神的にも屈服させるのも良い(へんたいー)

ブリーリングと言う事で、過激な言葉が出ているのも良かったかな。
「ビジネス」「種馬」「一挿し何千ドル」「その男の●●●を金で買った」云々。
硬派で乙女な熊樫先輩にそぐわない露骨な言葉の数々が、余計に物語を煽るようでした。
始めヨシュアが矢鱈冷たかったせいか、中盤から一気に二人の関係が甘くなるのに多少違和感はあったけれども、それでも過去話が出てきたおかげでそれもちゃんと納得できる甘さになった。
熊樫先輩がこんなに早くヨシュアをすきになるとは思わなかったけど(*´∀`*)
でも、可愛いから愛す。
| bl comic | 20:08 | comments(0) | trackbacks(2) |
SEX PISTOLS (1)
SEX PISTOLS 1 (1)
SEX PISTOLS 1 (1)
寿 たらこ

出版社/著者からの内容紹介
「俺がお前を孕ませる」…ノリ夫は突然、普通の高校生から「斑類」に目覚めてしまった! そして出会ったのは傲慢きわまりない野獣系の男・斑目国政。出会ったその日にガンシャされ…。動物の魂を持って生まれてくる「斑類」って一体なんなの!? 繁殖を志す、サイエンス・ラブ・フィクション


いろんな書評サイト様でお見掛けするので、うっかり私も買ってしまいました(´・ω・`)ミーハー
寿たらこさんは今まで挑戦した事のない作家さんでしたので、表紙の絵の濃さとか表紙の濃さとか表紙の濃さとかから不安もありましたが、それも一度読み始めるとその不安は杞憂となりました。
いや、表紙の絵のムッチリ筋肉を見て、かなり引き気味に買ったのですが、中の絵は結構アッサリ系で、読んでいてそう抵抗はありませんでした。
そして、物語の所々にぷっと噴き出せるようなギャグを交えることによって、テンポも良く仕上がっています。

し、しかも、受け/ノリ夫が可愛い…!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ぶっちゃけた話、ノリ夫はネコ耳です!
ネコ尻尾です!
うにゃあんとか言って悶えてます!
そういったネコ受けは、私が最も嫌悪するものの一つです!堯福Д´;)マテ
しかししかし、寿たらこさんの描くネコなノリ夫は可愛いんです!
はっきり言ってカルチャーショックです!
たぶん、私がノリ夫を可愛いと思えたのは、ノリ夫がただ攻め/斑目国政に良いようにされているだけの受け子ちゃんじゃなかったからだろうな。
国政に惚れるにしても、将来孕まされるにしても、きちんと自分の主張を通そうとする姿が毅然としていて良かった。
オレに迫ってくるのは単なる繁殖目的かよとか。
彼女と別れないと子供は産んでやらないとか。
浮気は許さないとか。
攻めに流されっぱなしじゃない主体性のある受けはネコミミでも愛します。
それに自分から発情して押し倒しもしてますしね(*´∀`*)
是非この良い感じのノリのまま2〜3巻まで突っ走って欲しい。

そして、斑目米国×委員長カップルは、斑目国政×ノリ夫カップルとは正反対に、シリアスな雰囲気で進んで行っていますね。
女好き男嫌いのはずの米国が無意識に委員長に欲情して、それを自分で否定して突き放していく所が切なくて――何だかこの切なさ癖になる!(変態)
続きが気になって仕方ないので、おそらく明日には2〜3巻を購入するかと思いますorz

それにしても動物の筋肉がすごい綺麗に描かれてる。
ジャガーの筋肉だけで、私ヨダレだらだらなんですが(汚ッ)


蛇足ですが、『水着の女より 濡れて透けるブラの方に萌える』みたいな台詞に、物凄い共感を覚えたのは私だけでしょうか。
| bl comic | 00:39 | comments(4) | trackbacks(4) |
はつこいの死霊
はつこいの死霊
はつこいの死霊
草間 さかえ

(裏表紙より)
母親の浮気に嫌気がさしていた智はアパートの隣人である祐一と仲良くなる。誰かを好きになることはない、無意味だ、という智に「それでもきっと誰かを好きになるよ」と慰められた夏休みの出来事。それが10年後に初恋の死霊となって息をふきかえすとは思ってもいなかった…。
全ての不幸の元は初恋の祟りである


まず、表紙裏表紙の色使いと塗り方に眼を惹かれて購入。
昔の日本の色合いっぽいです。
鮮やかな色も混じっているんだけども、何処か渋さを感じさせる硬派で誠実な色使い。
そして、絵柄は少しすききらいが分かれるところかと思います。
主線をざくざく一発で書いたようなサッパリとした絵で、人物に対してトーンはほぼ使われていません。
少女漫画のようにトーンを使いまくった煌びやかな絵がすきな人には、たぶん馴染まない絵かと思われます。


内容は2人の関係という視点から見れば簡単なのですが、2人が置かれている状況(仕事や無縁仏について)という視点から見ると少し読み解き難いものかと思います。
私は2回読んで、ようやく2人が現在どういう状況におかれているのかが理解できました。
そして、初恋の死霊というテーマというのが何とも味わい深いものでした。
「初恋で振られた負の感情が、本人の意思とは関係なく、相手を呪っていく」という設定が物語の中に確りと活かされていて、智の

みっともなく這いつくばった
あんたのケツ犯せて満足した
だから俺は忘れる
だけどあんたは忘れるな
この先あんたが被る全ての不幸の原因の
俺の事を忘れるな


という言葉に重みを感じられました。
テーマが登場人物の台詞に重みを持たせるのは素晴らしいことだなと。


登場人物に関しても、智も祐一も確りと創り込まれていました。
10年前では祐一が主導権を握っているのに、10年後にはむしろ智の方が主導権を握ってぐいぐいと物語を引っ張っていくのも面白い。
歳月が過ぎれば人は変わるものだなあと(主に智)、何度かページを戻しながら感慨に浸っていました。
そして智とは反対に、10年経つことによって祐一の感情的な性格も解っていって、それもまた面白い。
智が初恋に囚われていたのとは反対に、祐一は全く忘れてるんですよね。
嫌な記憶に蓋をするっていう人間らしいところが祐一にはあったんだなあと思うと、本編では非常に情けない祐一にも妙に愛着が湧いてきます。
惚れられた方はそんな覚えてないものですよね。
だから余計に惚れた方は腹が立つんでしょうか。
呪わずにはいられなくなってしまうんでしょうか。
それこそ初恋の死霊ですかね。
| bl comic | 22:33 | comments(2) | trackbacks(2) |
SALVA ME
SALVA ME
SALVA ME
紺野 キタ

ずっと求めていた 彼であって
彼でないもの
あれも あれも あれも
すべて彼というひとりであるのに

あの旋律が 今も
私の心をかきならし
私の胸をかきむしる

その名前を恋とよぶのだ

『SALVA ME』より

何だか読んでいてとても心地よい。
痛々しさや切なさの中に淡い恋が身を潜めていて、その恋を見つける度に愛おしい気持ちにさせられる。
露骨な性描写はありませんし、物語の緩急は少ないですが、それでものんびりとした空気が吸いたい人にはとても良い本だと思います。
反面セッカチな人はイライラしてしまうかもしれませんが。

系統的には高野宮子さんの物語と似ている気がします。
高野宮子さんよりも少し物語はゆっくりめ、昔の漫画な雰囲気、かなりすき。
| bl comic | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラブミースルーザナイト
ラブミースルーザナイト
ラブミースルーザナイト
紺野 けい子

全体評価 ★★★★☆
エロ評価 ★★★☆☆

買おうかどうしようか散ざっぱら悩み続け(友人から面白くなさそうとのコメントも抱きつつ)、この度結局欲望に抗いきれず購入。
もしかしたら肌に合わないかもしれないと危惧していたのですが、実際物語を読んだら、そんな事は全くありませんでした。
むしろ、ストーリーテイストが如何にも私好み。
物語自体は、実は両思いなんだけど、お互いに片思いだと思い合って、何気なく擦れ違っている真性ゲイとノンケとの定番型なものです。
しかし、定番だからといって侮るなかれ。
2人の恋愛を単なる乙女のドリーム的なものにせず、ふとした所に現実感が込められていて、物語に芯が通っているところに好感。
紺野けい子さんの作品はこれが初めてなのですが、これから少しずつ読み進めて行きたいです。

出版社/著者からの内容紹介
友情と恋愛のさかいめはどこだ…? 名古屋に単身赴任中の親友・時田ひろは実家があるにも関らず、上京すると必ずオレ(柏木律)の家にやってくる。オレがゲイで、密かにひろに恋心を抱いているとも知らず…
| bl comic | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
草の冠 星の冠
草の冠星の冠 1 (1)
草の冠星の冠 1 (1)
テクノサマタ

草の冠 星の冠(2)
草の冠 星の冠(2)
テクノ サマタ

テクノさんは歳を取って行くほど好きになっていく作家さんだ。
私は中学生の頃に一度テクノさんの本を読んだことがあるんだけれども、その時は全然面白くないなあと思った記憶がある。
だけど、今読んでみると中学生の頃の感想が信じられないくらいに味わい深く、非常に癒される。
使い古された言葉だけどテクノさんの漫画は『癒し系』という言葉がしっくりと当て嵌まる。
そのほんわりとした絵は言うまでもなく、物語自体も、微かな痛みすらくるみこむようなぬくさがある。
ごちゃごちゃしたものが多くて心がささくれだってる人は少しこの本を読んで、季節や花、小さいものに目を向けてみるのも良いんじゃないでしょうか。
身体から突き出した棘をやんわりと撫でられてるような気持ちになります。

「三日月、朔月、十三夜。」も優しい作品です。
| bl comic | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
氷の魔物の物語
氷の魔物の物語 (12)
氷の魔物の物語 (12)
杉浦 志保

友人に貸して貰って全巻読破した漫画。
BLと言えばBLなんだけれどもエロは一切無しの精神的BL、それでも十分に満足できる良作だった。
初めは正直言って絵も好みじゃないし一話目もありきたり臭が漂っていてどうかなあと思っていたのだけれども、これが巻を増すごとにどんどん良くなっていった。
無垢だった少年が「無垢=無知」と気付き、今まで気付きもしなかった憎悪という感情を知る場面が印象的。
これは下手にエロに走らなくて良かった。
エロに走ったら作品の完成度が落ちた気がする。
多少途中で中弛みの気配が漂うものの、内容自体が確りとしているから許せる程度。

いっそ自分で買ってしまおうかと考えているのだけれども、24巻まで出ているので少々躊躇ってしまう。
古本屋で見つけたら全巻一気に手に入れてしまいたい。
| bl comic | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |